水素水容器H2−BAG│HAGY真空容器のハジー物産株式会社
お電話でのお問い合わせはこちら
045-905-2337
サイト内検索
  • ホーム
  • H2-BAG
  • スタンディングバッグ
  • ハジー真空容器
  • ハジーストロー
当社取り扱い製品のご注文はこちらから
推奨 水素水サーバー
水素水容器の正しい知識
お問い合わせはこちらから
045-905-2330
受付時間:午前9:00〜午後18:00まで

水素水容器の正しい知識

「水素水はからだにいい」でも実は「飲みだめ」ができません。
だから「こまめにとる事」が最も効果的な飲み方です!

「水素水」の本当に効果的な飲み方とは!?

飲むと約20分で全身にいきわたる水素水ですが、必要以上に飲んでも体外に出ていってしまいます。
スポーツの最中や後、ストレスを感じる時など、活性酸素が多くでるときはいっぱい飲むことをお勧めします。
しかし日常的には、1日を通して少量でも「こまめ」に飲むのが効果的です。
タイミングの良い飲み方が、細胞への良い働きかけを継続するのです。
そして「こまめ」に水素水を補給する為には日常生活の際に持ち歩く事が必要ですが、ここでいくつか問題があります。

水素が逃げない為に重要な事は!?

その1 空気に触れさせないことが重要。

せっかくの「超飽和水素水」だとしても、飲みかけの容器に入ってくる空気に水素が逃げ出してしまいます。
パシャパシャと持ち歩くと水素の抜けは加速します。

ペットボトル・パウチ・アルミ缶NG

その2 「容器」の素材が重要。

水素原子は「宇宙で最も小さな原子」なのでペットボトルのような素材からは時間の経過とともに抜けていってしまいます。

ペットボトルNG
だ・か・ら!!−水素水専用容器「H2-BAG エイチツーバッグ」−
このような容器であれば、いつでも「こまめ」に摂取することが可能です。

H2バッグは、逆止弁機能により飲みながらも最後まで真空を維持でき、素材は金属でできているので、飲み終わるまで一定期間水素濃度を保つことが可能です。また、繰り返し使用できる「水素水専用容器」です。

このような容器であれば、いつでも「こまめ」に摂取することが可能です。

医学的見地から見た「水素」

水素が、老化と病気の原因となる悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を選択的に除去することが医学界でも注目されています。
日本のみならず世界各国の大学や病院で研究され、水素を使った新しい治療方法も試され成果を上げています。

「水素水」に関する研究
ページのトップへ
HOME   |   HAGY真空水筒   |   会社案内   |   特定商取引法に基づく表記   |   お問い合わせ
HAGY HAGY物産株式会社
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-5
リーフ美しが丘ビル2F
045-905-2330 メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ